ICタグ・モバイルPC等を活用した各種管理システムの開発を行っています。

建設現場管理システム ecis エクイス
(大手ゼネコン様のノウハウを投入)

建設現場における各種検査では、たくさんの図面を持参して持ち物だけでも大変です。
ecisはモバイルPCを用いた現場管理専用のシステム。
例え100枚以上の図面でも全てモバイルPCに記憶していますので、図面を忘れたり、かさばることもなく簡単に検査を進めることが可能です。

電気設備・衛生空調設備・建築設備と現場で必要な設備を網羅し、必要な箇所に設置したICタグを読み込むだけで該当する検査項目を表示。項目を選択・チェックするだけで検査が進められます。

機能・外観検査などはワンタッチで帳票を作成し、印刷が可能なので、検査から戻った後の事務作業が大幅に少なくなります。

 

 
   
 
 

平面図を表示し、問題のある箇所をクリックすると図面上にコメントを記入できます。さらにその場で写真撮影を行うことで当該箇所に写真をひも付けすることが可能なので、従来のように現場事務所に戻ってから写真に名前をつけて整理したりという手間は一切ありません。作業終了後は写真付きの作業指示書をプリントアウトでき、そのまま職方に渡すだけという手軽さが特徴です。

オプションでデータベース機能を使えば(工事進捗を比較検討することで更に効率の良い施工計画が立てられます)建築・電気・設備の進捗状況を共有する機能(現場全体の進捗がリアルタイムで把握できるため、材料や人員の手配も無駄なく計画できます)がプラスされ、現場の施工品質向上に効果を発揮します。

フルバージョンでは現場責任者のPC(閲覧権限設定可能)に全職種の施工進捗状況を表示できるので、手軽に確実な現場工程管理を実現することができます。

また、サーバ機能を追加すれば遠隔地からも現場全体の進捗をチェックすることが可能です。

※ 現場毎の専用帳票作成も可能です(オプション)

 

 
 
   
     
     
 
 

機械設備保守管理システム Qui-M Master
(新日本空調様との共同開発商品)

様々な施設で運用されている機械設備の点検を簡単確実に実現するのがQui-M Master(クイムマスター)です。

大量な機器を確実に管理するために一つ一つの機器に
ICカードを持たせ、その情報にアクセスすることで目的の情報を呼び出すことができます。

作業員はそれぞれアクセス用のICカードを持ち、権限のあるものだけが情報にアクセスできるのでセキュリティーも万全です。

それにより、その機器へのアクセス時間管理なども実現でき、いつ、誰が、どこで、どんな作業をしたか?というトレーサビリティー管理も行うことができます。

 

 
   
 
 

通常、日常的な点検業務では、点検作業から戻ってきてからPC等に点検情報を入力する手間がありましたが、モバイル端末を採用し情報をPCに転送できるため、煩わしい入力作業を削減し、帳票を自動生成することで効率化アップにも貢献します。

また、収集した情報はデータベースにより管理されますので、目的の場所・日時・点検項目などからデータを抽出し、解析にも役立てることができます。

更に機器台帳機能や空調機の故障診断データベースが標準搭載されていますので、機器の管理からメンテナンスまでシームレスに運用することで、きめ細かな運用計画や保全計画にも効果抜群です。

(Qui-M Master ※販売窓口・新日本空調株式会社

 

 
     
  ● その他システム  
     
 

・ 照明自動制御システム
・ 機械設備自動制御システム
・ 電流計測システム(無線/有線)
・ データセンター用電流/温度監視システム(カメラ連動)
・ LED遠隔調光システム
・ 建物遠隔監視システム